結婚式の費用は人によって違うのは当然です。交渉次第で割り引い

結婚式の費用は人によって違うのは当然です。交渉次第で割り引いてくれるところもあります。ただ、あまり強引に言うと気分を悪くされて割り引いてもらえないので、そこはうまく弾いたり押したりして駆け引きをしなくちゃですよ!

レストランウェディングならブライダル専門のスタッフがいたり、ウェディングを頻繁にやっているところでやったほうが失敗が無いと思います。あまり結婚式の経験が無いレストランですとスタッフも対応に慣れていないので、ちょっと怖いですよね。

結婚式は「花嫁が主役」なんてよく言われますが、本当は男性が主役の場なんじゃないかと。夫になる男性にとっては、公の場にて「これから新しい家族を持ち、社会的責任を全うする」という宣言をするような場なのかなって。

結婚式の二次会から参加する友人は新婦のドレス姿を見たくて二次会に来るわけです。女性は写真をたくさん撮ります。だから居酒屋で二次会はありえません。

結婚式二次会のゲームの景品で、新郎・新婦のプリントがしてあるスパンコールギラギラのジャケット・・・しかも手作り。ドン引きでした・・・「使わないでしょ?」と言われ、後日、新郎に返しました。

結婚式二次会の幹事を頼まれた際の注意点としては、演出内容にもよりますが幹事スタッフの人数は最低でも司会1名、受付2名、アシスタント2名、音響・照明1名の6名は用意した方が良いと思います。全部を幹事一人ではできないので、必ず協力してもらって下さい。

交渉するなら何事もお金を支払う前です。

神社挙式のデメリットは、神社挙式の後披露宴をする場合、同一会場内での式〜披露宴なら移動でゲストの方への負担をかけることはないけど、どうしても、披露宴会場が別だとどうしても参列の方へ負担をかけてしまうことがある。

結婚式の二次会会場探しはウェディングサイトを上手に使うことをオススメします。成約特典は各紹介業者やウェディングサイトで異なるので、しっかり調べたほうがいいです!中にはお金がもらえたりもするようです。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で5万円もらえます。ぐるなびウエディングはお店ごとに特典があったりなかったりするので、どちらかで予約したほうがお得です。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!